1 環境保全の啓蒙のために[水元さくら堤の由来碑]を建立
 継続事業「桜の植木」の一環として、 この地を訪れる多くの人々に、 水元さくら堤が今日の姿になるまでには、 多くの関係者のたゆまざる努力があったことや、 先人の遺産としの歴史的価値を知ってもらうことにより、 自然を愛し、動植物を大切にし、 景観を守る心を養って欲しいと願い、 この碑を建立しました。


[花見どきに清掃アクティビティ]
 以来、当クラブの植えた730本の桜が、 春には見事な花のトンネルとなって多くの人の目を楽しませておりますが、 心ない観光客の捨てたゴミの清掃アクティビティにメンバー全員が参加して、 満開の桜の花を愛でながら心地よい汗を流しております。
 又、2002年4月には200本の桜に樹名板の取付をメンバーで行いました。
                                    (2015/6現在)


  



トップページへ